CONCEPT

どんな考えで家を作っているのか

1.jpg

1. 設計事務所がつくる家

設計事務所として設計だけ関わるのではなく工務店として、工事や住んだあとのアフターフォローまで責任をもって家を作っていきます。


お客さまの想いを直接職人さんに伝え一緒につくっていけることで、より良い家ができると考えます。


ただ家を作るのではなく、人の温かみが感じられる家を作りたい。どんな家を買うのか、ではなく結局どんな人と作っていくかが大事だと思っています。

2. 暮らしに寄り添う家

完成したおうちは家づくりのゴールではなく、スタートだと私たちは考えています。家族が家の中に自分たちの生活を入れ、暮らし続けて初めて家になります。


そのため、設計で一番大事になってくるのが「どんな暮らしがしたいのか?いまの毎日の生活はどのようにしているのか??」ということです。


間取りや予算よりもまずは暮らしのヒアリングから。そこから今の家族に一番居心地の良い、暮らしやすい家を提案します。

2.jpg
3.jpg

3. ずっと愛着が持てる家

居心地よく、使い心地よく、生活になじむ家。


例えば履きなれた革靴のように、家も自分がよいと思うものを、手入れしながらずっと使っていきたいですよね。そして使うほどに味が出て、どんどん好きになっていく。

そんな家を一緒に作っていきましょう。

4. その土地、場所になじむ家

その土地、その場所によって、環境はそれぞれで同じものは一つもありません。


太陽の動き、窓から入ってくる光の量

風の通り道

道路やお隣さんとの関係

窓から見える風景

聞こえてくる鳥のさえずり、水の音など


それぞれの環境を読み込んで、景色や庭も含めて居心地の良い場所づくりをしていきます。

4.jpg